モルフォセラピー

モルフォセラピー 女性専門 整体 腰痛 肩こり 椎間板ヘルニア 骨盤矯正 小顔 

                                                                                  モルフォセラピー技術提携店



◆こちらのサイトにて師匠がインタビューされました。◆

第41回「私の哲学」花山水清氏 |インターリテラシー



【神奈川県内でモルフォセラピーの施術を受けられるのは現在当院だけとなっております】

  ◆◆◆モルフォセラピーとは◆◆◆

  「モルフォセラピーとは」とは、腰痛からがんまでを家庭で治せるようにすることを目指し研究された最新技術の療法です。

腰痛などさまざまな不快症状は、骨が本来あるべき位置からズレていることが原因だと考えられ、それらの症状を取り去るには、手技によって、ズレた骨を正しい位置に戻す必要があります。

骨のズレがさまざまな症状を引き起こすという考え方自体は、古代ギリシアのヒポクラテスの時代からありました。

「モルフォセラピー」では、骨のズレは外的な要因ではなく、内的な要因、つまり、化学物質の影響が大きいと考えています。

もちろん、現代の環境には、古代ギリシアの時代とは比べ物にならないほど、大量の化学物質が存在し、そのため、現代人の骨は、古代ギリシア人とは違って、大変にズレやすくなっているのです。

確かに、ヒポクラテスの時代から見れば、現代の医学は飛躍的に進歩しています。

しかし、その現代医学の粋を集めみても、頭痛や腰痛を始め、がんに至るまで、解決できない病気は増え続けています。

現代医学には、骨のズレが多くの症状を引き起こすという考え方がないことも一因だと考えられます。

実際、骨のズレが関与する症状は、驚くほど多種多様に存在しています。  (末尾のリスト参照)

それらの症状が、骨のズレを矯正するだけで、その場で解消してしまうことは度々あります。

このような骨のズレと症状との関係については、あらゆる民間療法で語られてきたことであるから、決して目新しい話ではありません。

では、「モルフォセラピー」と他の民間療法とでは何が違うのでしょうか。

その大きな違いは、「骨のズレる方向に規則性を発見」したことにあります。

ある療法の創始者は、「骨のズレを治せば、病気の95%は治る」と豪語したというが、この規則性を知らずして、95%の治癒などあり得ないことなのです。

骨のズレの規則性、すわなち人体における規則性の発見は、単に民間療法のスキルの問題に留まることなく、サイエンスのテーマとなり得ます。

サイエンスとして捉えることで、骨のズレの原因に対しても、科学的なアプローチが可能となります。

さらに、骨のズレに規則性を発見したことによって、新たな発展もありました。

プロの施術者であっても、骨のズレを正確に探しだすことはむずかしいものだが、骨がズレる方向に規則性があることがわかれば、骨のズレを一つ一つ探す必要がなくなります。

  つまり、上の骨から順番にルーティンで戻していけば、矯正が完了してしまうのです。

おかげで、骨のズレの矯正は、全くの素人でも簡単に行えるようになりました。

また、その技術にも改良が加えられ、施術時に使う力はグラム単位になりました。

この改良によって、「モルフォセラピー」は以前にも増して極めて安全なものとなったので、家庭でも安心して実施していただけるはずです。

ご存じの通り、病院に行っても、すっきりと治らない病気は数多く存在します。

その多くが、骨のズレによる症状である可能性は、極めて高いと私は考えています。

しかし、骨のズレによる症状は、病院の検査では原因が特定できないため、精神的なストレスのせいにされてしまうことが多く

それでは、いつまでたっても治ることはありません。

ところが、骨のズレの規則性を知ることで、ズレによる症状なら、だれもが気楽に家庭で対応できるようになりました。

今や、「腰痛からがんまで家庭で治す」という目標も、かなり実現に近づいています。

そして、今後は、「体の不調は全て、自分自身の手で治せるようにする」ことが、最終目標となっています。

●骨のズレが原因だと考えられる症状の例

・頭の部位:   頭痛、目まい、頭がボーッとする、頭が重い、頭の筋肉がつる、襟足の上の部分の皮膚が赤い

・顔の部位:   顔がつる、顔がしびれる、目が見えにくい、視野が狭い、目がくもる、視界が暗く感じる、まぶたが重い、まぶたがピクピクする、耳が聞こえにくい、耳閉、耳鳴り、鼻が詰まる、くしゃみが止まらない、歯茎が痛い、舌がつる、口が開きにくい、口を開けると痛い

・頚の部位:   首が回らない、首が痛い、首が後ろに反らせない、喉が詰まりやすい、声が出にくい、声がかすれる、咳が止まらない

・上肢の部位:   肩がこる、肩が重い、肩が痛い、腕が上がらない、腕を上げると痛い、腕が痛い、腕がしびれる、腕がつる、肘が痛い、肘が曲げにくい、手首が痛い、手首が曲げにくい、指が痛い、指が曲げにくい、指がしびれる、指先の感覚がにぶい

・胸の部位:   胸が痛い、乳房が痛い、脇が痛い、脇がつる、大きく息が吸えない、 心臓に妙な鼓動がある

  ・腹の部位:   お腹が張る、下痢しやすい、消化が悪い、便秘、胃が重い、胃が痛い、鼠蹊部が痛い、下腹部が痛い、尿もれ、頻尿、生理痛

・背の部位:   背中が痛い、肩甲骨の下が痛い、背中がつる、背中が冷える、腰が痛い、腰が重い、腰に違和感がある、腰が動かない、腰を反らせない、尾骨が痛い

  ・会陰の部位:   陰部が痛い、陰部がつる、男性機能の低下

  ・下肢の部位:お尻が痛い、股関節が痛い、股関節が動きにくい、左右の脚の長さが違う、下肢が痛い、下肢がしびれる、下肢がつる、膝が痛い、膝に水が溜まる、ふくらはぎが硬い、くるぶしが痛い、アキレス腱が痛い、片足だけが冷たい、かかとが痛い、かかとの感覚がない、爪先が痛い、爪先の感覚がない、足の指が痛い、足の指がしびれる、足の裏が痛い

  ・その他、ズレによる症状だと思われる代表的な疾患:   線維筋痛症、ムズムズ脚症候群、慢性疲労症候群

  ※上記の部位分けは『解剖生理学 知識の整理』医歯薬出版(株)に準拠  

モルフォセラピー創始者 花山水清    


———————————————————————
師匠である花山水清先生の新刊が出ました!18年間の集大成となっております。

医学の常識を覆す新常識が…。 家庭で出来る簡単な施術例も紹介されています。

読まないと、損をするかも!?知れません(^-^) 

      からだの異常はなぜ左に現れるのか
モルフォセラピー創始者 花山水清著



——————————————————————————



——————————————————————————–

【施術院を移転致しました】←クリック


移転に伴い2014年4月1日(火)より「女性専門の整体院」となりました。
男性の方の新規の施術受付は2014年3月31日(月)で終了しました。ご了承くださいませ。



  【移転先】相模原市南区相模台2-28-14パレス相模台102号室
——————————————————————————–

※花山通信より抜粋(ブログ新着順)
※このページ下部にて【漢方薬について「病気のリセットボタンを求めて」より緊急抜粋】2013.7.7

モルフォセラピー女性専門さいとう矯正です。

どこに行っても改善しない腰痛・肩こり・坐骨神経痛・手足のシビレ

実は骨の「ズレ」が原因かもしれません。

こり・痛み・しびれは背骨の「ズレ」と無関係ではありません

骨が「ズレ」ていると言うとビックリするかも知れませんが、レントゲンでも発見出来ない位のズレです。

関節を構成するそれぞれの骨が、本来あるべき位置から微細に「ズレ」ることにより周辺の知覚神経を刺激し、痛み・シビレなどのさまざまな症状が起こります。

ひとつひとつの骨を触診して痛みの原因となっている「ズレ」を見つけ出し、その「ズレ」を元の位置に誘導するように矯正します。筋肉の張りや硬直ゆるめ、神経の圧迫を取り除いていきます。

矯正は弱い力しか使いません。いずれも,1kg未満のソフトな力で行う、徒手療法です。

体に負担のない、安全でもっとも効果的な施術をお一人お一人に合わせて行います。

モルフォセラピー 小田急相模原 女性専門 さいとう矯正で効果が期待できる症状



ぎっくり腰の矯正
空手の稽古中にぎっくり腰、激痛で動けない、うつ伏せになれない。腰椎、腸骨、仙骨の矯正
……………………………………………………………………
五十肩の矯正
右肩をあげようとすると途中で痛みが有りあげられない。 肩甲骨、頚椎6・7番、胸椎1番、鎖骨を矯正

2012 Aug 17 USA Indianapolis GP pit boxにて、ドイツ人のチーフエンジニアが数年来抱えていた五十肩に対する矯正
…………………………………………………………………… 肘痛の矯正

空手の稽古中、肘を曲げると痛い、腕立てふせが出来ない。
胸椎1番、肋骨1番を矯正
…………………………………………………………………… 肩こり・腕のシビレの矯正
    頚椎6・7番の矯正 同時に腰痛の矯正も
 2012 Aug 18 USA Indianapolis GP pit boxにて、
 ドイツ人タイヤサービスマンの肩こりと腕のシビレ・腰痛に対する施術
……………………………………………………………………
【漢方薬について「病気のリセットボタンを求めて」より緊急抜粋】2013.7.7

■Vol.14 「 漢方薬(1) 」漢方薬の非常識
■Vol.14 「 漢方薬(2) 」現代医療における漢方薬処方の問題
■Vol.14 「 漢方薬(3) 」中医師による漢方薬処方の問題
■Vol.14 「 漢方薬(4) 」漢方薬と体質改善
■Vol.14 「 漢方薬(5) 」漢方薬と副作用
■Vol.14 「 漢方薬(6) 」鑑真和上はなぜ失明したか

……………………………………………………………………
【リンク】
◆さいとうしおりgoogle+
◆花山水清
◆日本モルフォセラピー協会
◆徒手療法協会
◆銚子市で整体治療院をお探しなら回復実績の高い柴田骨格矯正へ|銚子市
◆永福形態矯正
◆KAZU整体院
◆ロカヒ・ヒーリングサロン
◆新宿ホテルの宿泊予約なら – 新宿ステイ.com
◆整体.COM
◆教えて先生~ぎっくり腰治療.net
◆まとめた
全国の整体師専門家の検索、求人、無料相談受付中【整体相談.COM】 首コリ 足むくみ,解消
  小田急相模原「モルフォセラピー女性専門 さいとう矯正」